クラミジアに気づいたら、
薬で撃退!
画面に向かってパンチしている女性

性行為なしで性病になった!危険な場所とは

銭湯の暖簾

性病は「性行為だけで感染するもの」と思っている人は多いと思います。
しかし実際には、性行為をしていなくても性病になることがあります。
といっても空気感染するようなことはありません。
感染経路は水気の多い場所等です。

性病の原因となるものはいくつかあるのですが、殆どのものは感染者の体から離れるとすぐに死滅してしまいます。
しかしトリコモナスという他のものと比べると強い生命力を持つものがあり、これは水気の多い所では感染者から離れても死滅せずしばらく残ります。

ところで、温泉や銭湯等の共同浴場では、様々な人が利用します。
性病は感染初期の段階では、はっきりとした症状が出ないこともあります。
そういったケースでは、他の人は全くわかりませんし、本人でさえ感染していることを自覚していないこともあります。
そのため「他の人にうつしてしまうかもしれない」といったことを思うこともなく温泉や銭湯を利用してしまうことになります。

そういった感染者が温泉の洗い場の椅子に座れば、何かの拍子にトリコモナスが椅子に付着することも考えられます。
また長風呂する際は、湯船のふちに座る人もいます。
すると次にそれらに座った人はトリコモナスをもらってしまうことも考えられます。
特に女性の場合は、性器の位置からして危険かもしれません。
実際女児が銭湯でそういった所に座ったため性病に感染したという事例が昔あったそうです。

同じように水気のあるプールや海にも座る所、例えばプールサイドのベンチとか、海であれば海水浴場のビーチにビニールシートを引いて座ることもあるでしょう。
これらの場所での感染は可能性は極めて低いと思われますが、絶対に感染しないとは言い切れません。

後、そういった場所には、トイレも設置してあります。
そこにも潜んでいる場合があると指摘する人もいます。
和式の場合は問題ないですが、洋式の場合は便座に座らなければなりません。
今では便座除菌グッズ等を携帯し、それで拭いてから座る人も居られるでしょう。
しかし便座カバーをつけている場合もあります。
実は便座カバーに限らずタオルが問題になる場合もあるのです。

タオルで性病感染もあるって本当?

どうしてタオルが性病の感染経路になりえるのでしょうか。
洋式便座であれば、感染者の残している皮膚組織の断片などに直接接触することが想定できるので、感染経路の一つとして警戒するべきなのは了解できるところです。
ここで再度認識して欲しいのは、タオルの使用環境と使用場所になります。
タオルの生地は水分をすばやく吸い取り身体を乾かすことができるように、吸収性の高い速乾生地などが採用されています。

高級なタオルになると、驚くほどの量の水分を瞬時に吸い取ります。
肌触りは良好ですが、相応分の水分が存在することになります。

おまけに37度前後の体温をもった人体に接触しているので、ある程度の高い温度で湿潤した環境になっています。
さらに、タオルを利用するのは、温泉や銭湯、公衆浴場など巨大な浴槽を備えた入浴施設に隣接した脱衣所です。
風呂は蒸気が立ち込めた密閉空間の中で、大人数が集合して利用するわけです。

このように、タオルを利用する脱衣場などでは、浴場に準じた適温で湿潤している条件が整っています。
トリコモナスなどが好む人体内部の粘膜と、類似した条件が揃っていると言える訳です。
そのため、直接的な接触がなくても、タオルを共用することなどによって、感染が拡大することは十分ありえるのです。
現に、年少者患者など性生活のない年代でもトリコモナス患者の発症している事実は、大浴場や銭湯などでのタオル共用等の間接的接触が感染経路になっていることを裏付けるものと言えます。

以上のことから、性行為を介さずとも、大型浴場に限らず、海やプールなど夏場の高温多湿な条件でのタオル共用なども、性病感染リスクを高めることは肝に銘じておくべきです。