クラミジアに気づいたら、
薬で撃退!
画面に向かってパンチしている女性

生理中の性病リスクについて

生理用品と花

生理に関して本来ならば様々な視点からの配慮が必要なのですが、表面的な問題以外はあまり触れられていないのが現状です。
生理中の性病リスクも、その一つといえます。

性病リスクと聞くと生理中以外でもなるものであって、生理中に関してだけを言及することに疑問を抱かれるかと思います。
ですが、生理中の女性の体というのは見えない部分で普段よりもずっとナイーブな状態にあるのです。
性行為は特に、粘膜同士の接触という面を見るのであれば、女性のみならず男性にも性病リスクがあると言えます。

性行為による性病の原因は、性器にいる細菌や雑菌による感染です。
女性は生理期間中、ホルモンバランスの崩れから免疫力が非常に低下します。
そして、膣内が非常に傷つきやすい状態でもありますから、激しい動きを伴う性行為は体を知らないうちに傷つけていることになります。
経血が挿入を容易にする、などといった誤った情報により女性の体を傷つけないよう注意が必要です。

男性にとっても、生理中の性行為というのは性病リスクを持っています。
経血には雑菌がたくさんいるので、コンドームを着用しないでの性行為は男性器の性病にも関わってくるのです。
男性器が清潔でない場合は男性器に付着していた細菌が女性の体内に入り、膣炎などの性病になる可能性があります。
もし生理のタイミングで性行為をするのであれば、コンドームは着用したほうが良いでしょう。

性行為による性病としては膣に症状が出るものが多く取り上げられますが、それだけではありません。
性行為の動きが原因となって腹痛が悪化したり、最悪の場合、子宮の炎症などが起きてしまうこともあるのです。
これは生理期間中の性行為で一番気をつけるべきことと言えますが、男性器を挿入し奥へと押し込むことで経血が逆流してしまうことがあります。
逆流した経血の中の雑菌がお腹の中に侵入し、臓器が炎症を起こしてしまうということです。
ただの腹痛かそうでないかの判断が難しい上、我慢して放置すると症状が悪化してしまうこともあります。

生理中は細菌が性器に入りやすい?入るとどうなる?

生理中の子宮の中は子宮内膜が剥がれ落ちている状態です。
膣内も非常に敏感になっていて傷つきやすくなっています。
しかも免疫力が低下するため細菌に感染するリスクは高くなります。

生理中は普段、弱酸性に保たれている膣内が変化します。
普段は弱酸性に保たれて大腸菌や他の雑菌などの細菌が外部から侵入するのを阻止しています。
弱酸性はそれらの細菌にとっては増殖するのに良い環境ではないのとデーデルライン桿菌という善玉菌が増殖を阻止する役割を担っています。

これが生理中になると膣内が弱酸性ではなくなりデーデルライン桿菌の動きも悪くなります。
生理中の時はこれらの細菌が増殖しようとしても血液と一緒に流れています。
性行為によってさらに細菌が外部から侵入しやすくなったり膣内にある細菌が内部に押し戻されることで様々な細菌に感染するリスクが非常に高くなります。
そのため様々な性病や膣炎を引き起こす原因になってしまいます。

性病や膣炎などの他に子宮内膜症になるリスクも高まります。
本来、子宮内にしか存在しないはずの子宮内膜が子宮以外にできてしまうという病気です。
これは性行為によって本来ならば生理中に剥がれ落ちた子宮内膜の一部が押し戻され卵巣や他の臓器に子宮内膜ができてしまうということです。
そうなってしまうと本来ならば体外に排出できなくなり他の病気を誘発してしまいます。

また細菌が増殖した血液が性行為により逆流し卵管が炎症を起こした場合は卵管が狭くなり不妊や子宮外妊娠の原因になってしまう場合もあります。

このように生理中の性行為は膣内に細菌が入りやすかったり、入った細菌が増殖しやすかったり他の病気を誘発するというリスクが高まります。
どうしても性行為を行う場合は普段よりも乱暴にならないように気を使ったり、性器に出来るだけ触れないようにしたり、できれば挿入を避けるような性行為にすると良いでしょう。