クラミジアに気づいたら、
薬で撃退!
画面に向かってパンチしている女性

HIVとエイズの違い

HIV啓発レッドリボン

HIVにかかると死ぬと思っている人もいますが、正確には違います。
HIVはHuman Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)というウイルスの名称であり、ウイルスを保有しているだけでは直ちに命に関わることはありません。
数十年前はHIVに感染してしまうと対処法もなく、免疫力が下がり、ただ死を待つだけでした。
しかし現代医学も進歩を遂げ、ウイルスを完全に身体から排除することはまだできませんが、コントロールすることによって寿命を全うすることができるようになってきたのです。
ウイルスそのものが原因で死ぬことはありません。

エイズとは、HIVを放置したことによって免疫機能が失われ、指定されている23の合併症を引き起こすことで診断されます。
23の合併症は健康な人であれば感染することがないような、バクテリアやウイルスによる症状で、この合併症を引き起こしてしまうと場合によっては後遺症が残ってしまったり、命を失う危険性があります。
そこまで免疫が下がるのには長い年月がかかりますが、エイズ発症となってから感染に気付く人もいます。
また、HIVは非常に変異しやすいウイルスのため、最近ではエイズ発症になるまでに時間のかからないタイプのものも登場しており、注意が必要です。

HIVの感染を防ぐためにはコンドームの正しい着用や正しい知識を身に付けて予防することが大切です。
万が一感染したとしても、エイズ発症を防ぐために投薬を開始し、コントロールをしていく必要があります。
感染ルートは限られており、正しい知識を身に付けていればウイルスを保有している人と共同生活をしても問題はありません。
また、感染している場合は体内のウイルス量を抑えることによって、周囲の人に移してしまうリスクを軽減することができます。
感染している人もしていない人も正しい知識を持っておくことが、このウイルスの蔓延を防ぐことができるでしょう。

エイズを発症することで身体になにが起こる?

HIVイコールエイズ(AIDS)と考えている人が多いようですが、厳密には、これは間違いです。
エイズはAcquired Immunodeficiency Diseaseの頭文字を取ってAIDSです。
日本語にすると後天性免疫不全症候群となっています。
HIVは前述している通り、ヒト免疫不全ウイルスのことでウイルスの名称です。
HIVには1型と2型があり、世界や日本で広がっているのはほとんどが1型です。
2型は西アフリカの一部で見られますが、感染力は弱く進行も遅いです。

HIVに感染すると、数週間後にインフルエンザのような症状が出ます。
しかし、それが治ると数年から10数年間はほとんど症状が出現しない時期があり、この時期を無症候キャリア期と呼んでします。
無症候キャリア期を過ぎると、エイズ関連症候群期と呼ばれる時期になります。
発熱や下痢や体重減少などの症状が出てきて、数ヶ月でエイズ期に移行します。
感染しても数年から10数年は無症状の無症候キャリア期で、この時期はまだエイズ患者ではなくHIV感染者です。
エイズ関連症候群になって初めてエイズ患者と呼ばれます。

そしてその後、HIVに感染してから平均約10年で、免疫不全の症状を反映した合併症が出現します。
合併症は全身の臓器に現れます。
この時期がエイズ期です。
エイズ期によくみられる合併症には、日和見感染があります。
これは感染力の弱い病原体が、免疫力が低下している人に感染症を引き起こすことです。
代表的なものに、ニューモシスチス肺炎やサイトメガロウイルス腸炎やクリプトコックス脳髄膜炎などがあります。
その他の合併症としては、カポジ肉腫やリンパ腫などの悪性腫瘍なども多いです。

エイズが怖いのは発症するまでの無症状の時期が長く、この期間にHIVに感染していることに気がつかずに、不特定多数の人と感染予防対策を何もしないで性交渉を持ってしまうと、知らず知らずのうちに蔓延させる原因となることです。